院長のご挨拶

院長ご挨拶

新都心レディースクリニックは乳腺・甲状腺の検診と診療を専門としたクリニックです。
乳がんは年々増加しているばかりでなく,他のがんとくらべ比較的若い世代の女性を脅かす病気としても知られています。

仕事,育児,家事などで最も忙しく,最も輝いている世代の女性に忍び寄る病気です。

その一方で,乳がんは早期に発見すれば治りやすい病気でもあります。
月に一度は自己検診,年に一度は乳がん検診を受けていただくこと。
何か気になることがあれば,調べてみることがとても重要です。

私たちは適切な 乳がん検診と乳腺診療を行うことを通して,また乳腺疾患にお悩みの方に寄り添いながら,
かけがえのない人生のお手伝いをさせていただければと考えています。

甲状腺疾患も実は女性に多くみられる疾患です。長期にわたるコントロールが必要な内科的な疾患や手術を検討すべき疾患も一般に思われている以上に多いのです。
それらの診断には体表超音波装置が大変重要な役割を果たします。私たちは最新の超音波装置を駆使し甲状腺疾患の診断と治療に責任を果たしたいと考えています。
新都心レディースクリニック 院長 甲斐敏弘

院長のご紹介

院長
甲斐 敏弘(かい としひろ)

資格

・博士(医学)
・大宮医師会理事(学術,乳がん検診担当)
・NPO法人埼玉乳がん臨床研究グループ理事
・埼玉乳がん検診検討会庶務担当世話人

・日本外科学会認定医,認定登録医
・日本外科学会専門医(〜平成24年),指導医(〜平成22年)
・日本乳癌学会認定医
・日本乳癌検診学会(評議員)
・日本乳腺甲状腺超音波医学会(幹事)
・日本がん検診・診断学会認定医(評議員) 
・がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
・検診マンモグラフィ読影医 AS
・日本消化器外科学会認定医
・日本消化器病学会専門医

・第一種放射線取扱主任者
・.第一種作業環境測定士(放射性物質)

・日本医師会認定産業医

・埼玉乳がん懇話会世話人
・乳腺画像・病理カンファレンス世話人

経歴

昭和56年3月
自治医科大学卒
昭和56年6月
〜平成3年5月
宮崎県立宮崎病院外科,自治医大附属病院消化器・一般外科
その他県内の国保病院勤務
平成3年6月
自治医大附属大宮医療センター  総合第二講座助手(一般・消化器外科)
平成10年9月
同講師
平成17年3月

平成18年6月
医療法人財団新生会大宮共立病院外科

NPO法人埼玉乳がん臨床研究グループ理事 (事務局長)
平成19年5月
新都心レディースクリニック院長
平成26年6月

平成27年7月
大宮医師会 理事 (学術,乳がん検診担当)

NPO法人埼玉乳がん臨床研究グループ理事 (事務局長退任)
PAGE TOP