• 新都心レディースクリニックは、女性専用の乳腺の診療と検診 甲状腺診療の専門外来施設です。
  • 新都心レディースクリニックは、女性専用の乳腺の診療と検診 甲状腺診療の専門外来施設です。
  • 新都心レディースクリニックは、女性専用の乳腺の診療と検診 甲状腺診療の専門外来施設です。
  • 新都心レディースクリニックは、女性専用の乳腺の診療と検診 甲状腺診療の専門外来施設です。

新都心レディースクリニックのホームページにようこそ!

当院では乳腺と甲状腺の検診,診療を行っています

当院はJRさいたま新都心駅から徒歩1分.
武蔵野銀行さいたま新都心出張所の入っているビルにあります.

どちらも女性に多い疾患です.
不安を抱え続けないでください.
早期の解消をお手伝いいたします.

診療日・診療時間

受付時間(予約優先)
担当医 甲斐 甲斐 甲斐 関根 甲斐 甲斐
8:40〜11:30

(特別外来SMC)
13:00〜17:00
● 
 (特別外来RC)
休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
土曜日 土曜日は予約枠を設定しておりません。原則、受付順です。
なお,学会等での休診もありますので臨時休診のコラムをご確認ください。
※なお受付終了時間は公務のため繰り上げることがございます。 
お電話でご確認ください。


ご注意
・毎月、最初の来院日には、必ず保険証をご提示ください。
・この診察券は、ご来院の際、必ずご持参ください。
・破損および紛失された場合は、実費にて再発行いたします。
臨時休診
 4月20日(土)

 4月28日(日) 〜 5月 6日(月) ゴールデンウィーク

 5月25日(土)  日本乳腺甲状腺超音波医学会

 6月15日(土)

 7月11日(木) 〜 13日(土)  日本乳癌学会

  

ミモザの会 1・2・3

新都心レディースクリニック 患者さんの茶話会「ミモザの会 1・2・3」
乳がん患者さん達の茶話会です。「1・2・3」 → 毎月第1 木曜日 午後2 時 から 3 時まで
予約不要  参加費無料  飲み物、お菓子の持ち込み可 当院受診歴は関係なし。
なお、特定の施設、グループ、治療法の勧誘、物品の紹介販売はお断りいたします。

なお,ドクトル矢形の『乳がん何でも相談会』を開催しています
埼玉医大総合医療センター・ブレストケア科・矢形寛教授にお越しいただき,
乳がんに関する診断,治療,遺伝のこと,何でも答えていただきましょう.
質問票に無記名で質問内容を記載していただきます.もちろん無料です.

 3月と9月の木曜日 午後3時から  場所:当院待合室

第4回目は 2019年9月12日 開催予定です.→ 
予めこの質問票をご準備いただくとありたいです.

2019年 年間予定表
4月  4日(木) 2時 通常の茶話会
5月      お休みさせていただきます
6月 6日(木)  2時 通常の茶話会
7月 4日(木)  2時 通常の茶話会
8月 1日(木)  2時 通常の茶話会
9月12日(木) 3時 ドクトル矢形の『乳がん何でも相談会』 

埼玉乳がん検診検討会(https://www.bcssaitama.org/

埼玉医大総合医療センター矢形先生をはじめ県内の乳腺専門医と乳がん検診に関するさまざまな問題点を検討しています.
 
「乳がん検診って分からないことが多いよ〜」 → Q&Aをご覧ください! 

「結果票の見方分からないよう〜」        → 結果票の見方をご覧ください!

   こちらからどうぞ              https://www.bcssaitama.org/


乳がん関連のお知らせ

こちらから質問票をご準備いただけますとありがたいです.  

当院における学術活動と個人情報保護につきまして

 当院では2007年の開業以来約80,000件の乳腺の検査を行い,1,500人を越える乳がんの方の診断に関わってまいりました.さらに良性の所見をお持ちの方は膨大な数にのぼります.
 乳腺の検査をしますと圧倒的な数の良性所見が見つかり,そしてそれに隠れるようにして乳がんや境界病変(乳がんか良性かの区別が難しい病変)が見つかります.このことが乳がんの診断を難しくしている点でもあります.
 女性で一番多く,未だに増加し続けている乳がんをより早期に見つける体制を作り上げるためには,これらの経験を次世代の医師,技師に伝えていかなくてはなりません.次の世代,その次の世代に必要な情報を公開していくことは,我々の世代の義務だと思います.
 当院ではそのような考えから積極的に勉強会,学会,臨床研究などに参加し,また検査画像を提供しています.
 検査画像の提供にあたっては,受診された方の個人情報は厳密に伏せ,受診者を特定することは不可能な形で行っておりますのでご安心ください.そして,今後も皆様のご理解ご協力をお願いいたします.
 なお,このような活動にどうしてもご協力いただけない方は予め医師までお伝えください.


マンモグラフィ施設画像評価を受けました  

PAGE TOP