SLMCの実績|乳がん検診 乳腺・甲状腺専門外来の新都心レディースクリニック

Contents

医療法人社団啓優会 新都心レディースクリニック
048-600-1722/048-600-1724

受付時間 (予約優先)

午前 8:40~11:30 午後 13:30~17:00

SLMCの実績

miniLecture

乳がん発見のきっかけは何でしょうか?

当院で発見された312人の方のきっかけについてまとめました.

是非,ご覧下さい.

https://www.youtube.com/watch?v=MCsb54X7MPY&feature=youtu.be

乳がん発見にはどの検査が良いのでしょうか?

是非,ご覧下さい.

https://youtu.be/c6yQsBAUVnw

ご自身の乳がんのリスクを正しく知ることによって,生活習慣を見直したり,乳がん検診の方法などについて考えるきっかけにしてください.

https://youtu.be/iuCHiQWl3B0

経過観察と言われた方へ

乳腺では良性と悪性の区別が問題となる病変が数多く見つかり,経過観察が必要となる方もたくさんおられます.

その経過観察の意味と重要性について解説いたしました.

https://youtu.be/fY5WTBigktg

当院で発見された乳がんの特徴

年度別検査件数と発見乳がん数
img184ja2619_1
年齢は45歳が多い
img184ja2900_1
25%は触れない!検査で見つかる!
img184ja3004_1
非浸潤がん(DCIS)とT1(20mm以下)が78%
img184ja3022_1

講演

・第29回日本乳癌画像研究会共催ランチョンセミナー(富士フィルムメディカル株式会社)

 「乳腺量測定ソフト 使える?使えない? ~埼玉乳がん検診検討会1500例の検討~

  令和2年(2020年)21日. 大阪市

・第35回埼玉県乳がん検診セミナー 教育講演 高濃度乳房問題への取り組み

  ①「乳腺量測定ソフト」は使える?使えない?

 ②「クラウドによる画像診断習熟システム(OBIF)」は使える?使えない? 

 令和2年(2020年)118日.さいたま市

・第4回大宮医師会乳がん画像研究会 

  ミニレクチャ『高濃度乳房問題のその後』  平成30919日.さいたま市

・第13回がん検診認定医講習および試験    講義3:乳がん検診

26回日本がん検診・診断学会総会.平成3098日.東京都.

・第38回埼玉乳がん懇話会 テーマ:医療連携II 平成30526日.さいたま市

 「乳腺クリニックの現状からみた医療連携の課題~その後~」

・第33回埼玉県乳がん検診セミナー 教育講演

「発見乳癌におけるマンモグラフィ乳房構成(乳腺濃度)と超音波検査の役割」

平成30120日.さいたま市

学会発表

2022年度

・甲斐敏弘:乳腺クリニックにおけるマンモグラフィ偽陰性症例の特徴と乳房超音波検査の意義.第30回日本乳癌学会学術総会.令和4年7月1日.横浜市.

・甲斐敏弘:乳腺クリニックにおけるPOCUS的乳房超音波検査の検討.第95回日本超音波医学会学術集会.ワークショップ乳腺2乳腺診療におけるPOCUS.令和4年5月21日.名古屋市.

2021年度

・甲斐敏弘:マンモグラフィ偽陰性乳癌の特徴と乳房超音波検査追加の有用性 ~2020年度発見乳癌132例における検討~第56回大宮医学会総会.令和4319日.さいたま市.

・甲斐敏弘,菅又徳孝,柴田裕史,尾本きよか,齊藤毅:クラウド型データベース(OBIF,MGDB)とZOOM画像カンファレンスによる情報共有の試み~インターネットツール x 乳がん検診~.第31回日本乳癌検診学会学術総会.ワークショップ2「次世代の乳がん検診」令和3年11月26日.京都市.

・甲斐敏弘:USカテゴリー3症例の診療方針について.第46回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会(Web).ワークショップ2「クリニック医師のいためのワークショップ」令和3年(2021年)5月16日

2020年度

・甲斐敏弘,二宮淳,齊藤毅,中野聡子:乳腺量測定ソフトの乳腺量測定値における「みかけ高濃度」と「相対的低濃度」の測定値補正に関する検討.第28回乳癌学会学術総会Web開催.2020年10月9日

・甲斐敏弘,菅又徳孝,柴田裕史,尾本きよか,齊藤 毅:画像カンファレンスはZOOMとズーム(パワーポイント)で.第55回大宮医学会総会(Web開催).令和3年3月6日.さいたま市 (https://youtu.be/diGJh4UhAz0)

2019年度

・甲斐敏弘,矢形寛,二宮淳,齊藤毅,中野聡子:乳腺量測定ソフトによる高濃度乳房通知において,乳房厚による「みかけ高濃度」と「相対的低濃度」は考慮すべき問題である.

29回日本乳癌検診学会学術総会.令和元年118日.福井市.

・中野聡子,井廻良美,壬生明美,大塚正彦,佐野雅隆,甲斐敏弘,矢形寛,齊藤毅,二宮淳.乳腺量測定ソフトを用いた乳房構成の判定―医師判定との一致率と閾値の検討―.

27回日本乳癌学会.令和元年711日~13日.東京都.

・矢形寛,黒野健司,守屋智之,小西寿一郎,君塚圭,秦玲志,金子しおり,黒田徹,井上賢一,甲斐敏弘,蓬原一茂,齊藤毅,二宮淳,黒住昌史,石川秀樹:質問票による乳がん患者へのヨガに対する意識調査  - 多施設共同研究 SBCCSG38.第27回日本乳癌学会.令和元年711日~13日.東京都.

論文発表

さいたま市研究費補助事業等

・甲斐敏弘,菅又徳孝,尾本きよか,齊藤毅,柴田裕史,関根理,甲斐啓仁,二宮淳:ブレスト・アウェアネス啓発ツールとしての乳房構成判定通知システム開発と動画作成.令和4年度さいたま市地域医療研究費補助事業.

・甲斐敏弘,菅又徳孝,蓮見直彦,佐藤行彦,高木俊二,宇治元:U判定による対策型乳がん検診での超音波検査追加症例選択方法の検討~平成27,28年度さいたま市地域医療研究費補助事業報告~.埼玉県医学会雑誌 第52巻第1号,41-47. 2017年

・令和元年度さいたま市地域医療研究費補助事業

 研究代表者:甲斐敏弘

 研究課題:クラウドストレージによる乳腺画像診断習熟システム『大宮医師会乳腺画像フォーラム(Omiya Medical Association Breast Imaging Forum)』の構築

・平成28年度さいたま市地域医療研究費補助事業

 研究代表者:甲斐敏弘

 研究題目:乳がん検診の最適化に向けての検討~大宮医師会方式による乳房超音波検査追加導入の試み~

・平成27年度さいたま市地域医療研究費補助事業

 研究代表者:甲斐敏弘 

 研究題目:次世代の乳がん検診に向けての基礎的検討~マンモグラフィ乳腺濃度判定及び超音波検査導入のための人材育成~

・平成23年度さいたま市地域医療研究費補助事業

 研究代表者:甲斐敏弘

 研究題目:乳がん検診受診率向上のための方策に関する検討

総説等

・甲斐敏弘,菅又徳孝,柴田裕史,尾本きよか,齊藤 毅:ポスト・コロナ時代の画像カンファレンス~ZOOMを用いたWeb会議(beyond Hybrid式)で活性化する~.埼玉県医師会誌854号『臨床メモ』pp.43-46.2021.

・甲斐敏弘:『見た目』から入るWeb会議.大宮医師会報779号.令和32月号

・甲斐敏弘 里村元 飯島竜之:ZOOMミーティング参加時の注意点とPowerPointプレゼンのコツ.2020/10/30 upload  https://youtu.be/7QE8tWTntV8

・甲斐敏弘:私見・これからはメーカーに頼らない勉強会を ~奇禍を転じてWebを使いこなす~.大宮医学会誌775号.令和210月号.2020

・甲斐敏弘,菅又徳孝,尾本きよか,齊藤 毅,湯澤 聡:クラウド型乳腺画像データベース(OBIF)構築における個人情報保護とセキュリティ対策(令和元年度さいたま市地域医療研究費補助事業).大宮医学会誌第771号.(2020.6

・甲斐敏弘:ZOOMの安全対策につきまして.大宮医学会誌771号(2020.6

・甲斐敏弘,菅又徳孝,尾本きよか,齊藤毅,湯澤聡:Scrapboxによる乳腺画像データベース(OBIF)の構築(令和元年度さいたま市地域医療研究費補助事業).埼玉県医師会誌836号.37-432019

・甲斐敏弘:提案:クラウドで変える会議のあり方~ZOOMDropboxScrapbox使えるものは使うべきである~.大宮医学会誌770号.令和25月号.2020

・甲斐敏弘:高濃度乳房問題~その後~.大宮医師会報第752号(201811

・甲斐敏弘:202X年エイプリル・フェイクニュース『対策型5がん検診は採血するだけで終わることに!』 大宮医師会報第745号(2018.4)

受賞

日本乳癌検診学会 2021年度Pink Ribbon賞(1位論文)

甲斐敏弘,二宮淳,齊藤毅,中野聡子,矢形寛:乳腺量測定ソフトの特徴と「みかけ高濃度」群,「相対的低濃度」群における測定値補正の試み.日本乳癌検診学会誌(J. Jpn. Assoc. Breast Cancer Screen.)2021,30 (1) MAR: 87-95.

平成29年度埼玉県医師会 地域医療功労賞 平成29年11月16日.

平成25年度埼玉県医師会医学奨励賞

甲斐敏弘:当院で1年間に経験した非触知乳癌30例の検討.
埼玉県医学会雑誌.第47巻1号.147-152.2012.

第42回埼玉群馬乳腺疾患研究会:優秀賞

甲斐敏弘:10mm以下の乳癌53例の超音波画像に関する検討.平成23年5月21日.さいたま市